ある本に、女性は40歳、男性は30歳をメドに、副交感神経の働きが下がるため、自律神経のバランスが崩れやすくなる、と書いてありました(ということは筆者は相当崩れていると思われます・涙)。
そして、この10年の差が、男性と女性の平均寿命の差だとも。さらに交感神経と副交感神経のバランスが壊れると、怒りやすくなるそうです。
ただ「爪をもみながらゆっくり息をする」という些細なことでも副交感神経が高められるそうなので、今夜家に帰ったらやってみようかな、などと考えながら、コワーキング町田の新たな一日が始まりましたw

コメントを残す